読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街コン行って来たはなし

おはようございます。

 

バースデーライブのブログも書かないといけないにですが、友達に連れられて嫌々(というテイで)

学生限定街コンというのに参加して来たのでブログに収めておきます。

 

 

男女共に2人1組で男女80人対80人で場所は池袋、男性は6000円女性は2500円で3つの居酒屋を自由に転々と回るってカンジです。

1組につき会話時間に20分の制限があり、20分経つと男側が席を移動してグルグル回転するという方式。

 

見た感じ男は理系男子、女子は女子大が多く、お互い出会いを求めてそうだけど学生限定だけあってそこまで必死ではなさそう。

 

一通り見たところ男は陰キャラ4:普通5:イケメン1

女性は陰キャラ3:普通5:可愛い2くらいの感じかな。

 

集合時間ギリギリに着いたせいで一緒に来た友人と2人で座り、来てくれる女性を待つハメに。

 

もう帰りたいくらいの気持ちで居酒屋でやってるアタック25を10分程度見ていると遅れて来た1組目の女性が席に着きます。

 

女性2人とも女子大の1年生。

初めはドチャクソ緊張したが少しずつ話題が弾んで来たところで20分の時間制限が来て強制終了。遅刻して来たので会話した時間は7分くらいかな。

 

向こうの女性が遅刻してきたせいで少ししか話せなかったが、2人とも可愛い上に友達とタイプの女性が被らず、話してて楽しかったのでラインを聞いて今後に備えることに。

 

席を移動して2組目は話しやすいサッカー部の方とふくよかで陰キャめの3年生の教育学部の女性2人。

 

こっちが1年生なので3年生になかなか攻めにいけず、終了。

前者の人は後輩に優しいし話しやすくて良かったんですが、友達と好みが被る上に、先輩は話題作り難しくて印象はイマイチでした。

 

ここで店舗を移動して気持ちをリセットすることに。

場所が分かりづらく20分程度迷ってしまう。このロスが痛かった。

 

3組目は弓道部のこれまた3年生。

顔が残念な上に「年下はムリ〜」との発言に俺も友達も戦意喪失。

しかし、ラインを交換する際に(するんかい)忘れないようにグループを作る、というやり方を採ってて、今後採用しようと決める。

 

店舗移動して店員がクソ高圧的なババアのいる店舗へ。

 

4組目は能見ファンと可愛いけど陰キャラな歯学部3年生。

 

2個上は話が盛り上がらない(結論)

初めてラインを交換せずに居酒屋でやってたイッテQの出川の背面キャッチをずっと見てるという不毛な20分を過ごす。

 

ここに来てモチベが下がる2人。酒に頼り店舗を一番最初の店舗に戻る。

 

時間が差し迫って来ている中最後は女子大2年生コンビ。

街コンなのに菊正宗を飲んでる2年生。

ここでお酒が回ってテンションが上がり、本領発揮してめちゃくちゃ話は弾むものの片方の顔が残念過ぎて、もう片方は可愛いが肌がブラマヨの吉田で残念でした。

 

ただ、こういう人たちを人脈にすれば合コンとか開催出来そう。

ここで無念のタイムアップ。

 

誰かに取られる前にすぐ1組目の女の子にラインをし、二次会のアポを取り付ける。

 

この後アフターパーティーがあったみたいですが、そこに行く男子はほぼ間違いなく負け組です。1次会で決めれずに2次会で決めれる可能性は限りなく薄い。

 

他のイケてる男子たちも女の子を誘ってアフターパーティーには行かずに男女4人で他の場所に移動してましたね。

 

ラインをした1組目の女の子はすぐにオッケーをくれ、時間を置くために少し離れた場所をしてして待ち合わせ。

 

その時に5組目の女の子からラインで2次会飲み直しのお誘いが来たものの、1組目の女の子に集中するために勇気のスルー。

 

ここからが悔いが残るのですが、街コン終わりに1組目の女の子と合流して居酒屋で飲み直しを提案したのですが、女の子のうちの片方が夜から飲食のバイトがあるそうで、お酒を飲めないファミレスへ。

 

5組目でテンションマックスだった僕たちの酔いが冷めてしまい、ファミレスで長時間話したものの核心を突く話が出来ずに表向きの話をして終了。これが良くなかった。

ラインを送ったものの帰って来ません。(昨日11時に送って日付変わって8時現在)

 

相方は俺が推してない方の女の子にラインを送って返って来てたので俺が嫌われてただけかも。つらい(つらい)

 

まとめると

・男の1年生はほぼいない。基本的に大学生活に絶望した3.4年生が多め。1年生は基本的に需要は薄め。

・2次会は居酒屋にすべき!ファミレスでだべるのは高校生まで!

 

なんだかんだ色々言いましたが普段話さないナオンと話せてめちゃくちゃ楽しかったので友人とリベンジを誓い、池袋を後にしたのでした(第2回へ続く?)